基本料0円!?Looopでんき評判、口コミ、悪評、デメリット、弱点をまとめてみたよ 。

電気会社を変えると
電気代が安くなって
節約になると聞いたことがあります。

でも変えることで
デメリット的なことがあったら
変えなきゃよかった、ということに
なるので、調べてみることにしました。

▼商品名

Looopでんき


▼特徴

今まで家庭の電気は地域の電力会社だけが
販売していたのだけれど、

2016年4月以降は電気の小売業が自由化されて、
電気の売り手やサービスを自由に
選べるようになったそうです。

ループでんきは経済産業省の
登録小売電気事業者の認定を受けた会社の1つで、
沖縄・離島以外全国への供給をしています。

ループでんきの特徴は
電気代の基本料金が0円であること。

使用量に関係なく
一般家庭では毎月支払われていた
1000円台の基本料金が無料です。

(解約手数料や違約金もありません。)

また、

電気は地域の電力会社の送電網を使って
届けられる
ので、電気の品質は
今まで通り安心して使うことができます。

ループでんきのホームページでは
ループでんきに替えたらいくらになるのかという
料金シュミレーションが簡単に行えました。

東京電力 従量電灯B 40A 
月間使用量1か月時 520Wh という
3人家族のシュミレーションでは、
年間約14,700円お得だそうですよ。


▼価格

料金プランとして
家庭向けのプラン「おうちプラン」と
事務所・飲食店など向けの「ビジネスプラン」が
ありました。

その中でもエリア
(北海道電力・東北電力・東京電力・中部電力
北陸電力・関西電力・中国電力・四国電力・九州電力)
によって、従量料金が異なりますので

各電力会社のエリア別のプランの確認が必要です。
(ループでんき 料金プランはコチラ


▼会社について

社名:株式会社Looop(ループ)
住所:東京都文京区本郷4-1-4 ユニゾ本郷四丁目ビル
代表者:代表取締役社長 中村創一郎

2011年の東日本大震災の被災地へ
独立型ソーラー発電セットの無償設置を
実施したことがきっかけで
設立した会社だそうです。

「 MY発電所キットR」を販売したり、
宮崎大学農学部やケニアのジョモ・ケニヤッタ農工大学と
営農型太陽光発電の共同研究を進めたり、
電力販売サービスを開始したりと
事業を広げている会社です。


▼テレビ・雑誌掲載歴

テレビCM、新聞広告等


▼ネットでの悪い噂(2ちゃんねるなど)

*シュミレーションしてみたら
 ループ電気の方が高くなった。
 入力間違った?

*支払いがカード払いのみっていうのが
 ちょっと面倒です。
 カードの期限切れがきたときに
 変更しないといけません。 

*検針票(紙)がないので、すぐに
 どのくらい電気使ったのか
 見れないのが不便です。
 マイページに行けば見れるんですけど。

*Looopでんきの解約は、解約の意志を
 表示した日ではなく、Looopでんきの
 事務処理、解約手続きが終わった日
 でした。引越した後の2日分の
 電気代の請求がきちゃった。。。
 (私のあとに入居した人の電気代と
 思われます。。。)


▼ネットでの好評価・良い口コミ

*某電力会社からこちらに替えました。
 アンペアを上げても料金は
 変わらなかったので上げました。
 それでも月1500円くらいは安くなってます。

*変える前はいろいろ心配したけど、
 新電力への切り替えは工事不要だったから
 停電とかなかったし、使う上でも
 今までと何も変わりはありませんでした。
 
 変わったのは、
 電気代の落ちる会社が変わったことと、
 その落ちる電気代が安くなったこと!

*HPから申し込みをして10日くらいで
 Loopでんきに変わりました。
 以前の電力会社の解約手続きも
 やってくれたし、ラクでした。

*月1200円、年間だと14000円安くなりそうです。
 電気料金もメールで送られてくるし
 ペーパーレスになってよかったです。


▼最 後 に

Looopでんきの評判口コミ悪評などをまとめます。

切り替え時に停電するんじゃないか、
電気の質が落ちるんじゃないか、

というようなデメリット的な不安や結果は
私は利用者の口コミでは全く見ませんでした。

LOOOPでんきに限らずでしょうが
引越し時の電気解約は早めに
手続きをしておいた方がいいようですね。

引っ越してもう使ってないのに
請求がきた、という悪評がありました。
(これは口コミの情報があいまいなので
Looopでんきを解約するときは
確認して下さいね。)

あとは高評価な口コミでした。

今までかかっていた基本料金が
なくなったので、安くなったという
口コミが多くありました。

検針票が来なくなって不便という声も
ありましたが、アプリを
ダウンロードすれば、

30分ごとの電力使用量や節約額、
請求情報などが簡単に見ることが
出来る
そうですよ。

むしろこちらの仕様を評価する声が多かったです。

無料ですぐに結果が出るわが家の
料金シュミレーションも
多くの人が活用していました。

状況によっては、Looopでんきに
したほうが料金が高くなるという
シュミレーション結果もでるようなので、

自分の電気検針票を手元に準備して
料金シュミレーションをしてみるのが
いいようです。

今後の検討資料としてやってみても、
損は無いと思いますよ。

↓↓↓ 詳細はこちらです ↓↓↓


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ