防災セットラピタ、SHELTERのアットレスキュー 口コミ、評判、悪評をまとめました。

防災セットやグッズがテレビ番組で紹介される時期ってありますよね。それを見るたびに「そろそろ用意しないとなぁ」と思っていたんですけど、最近は地震だけでなく大雨でも大事になることがあるので、他人事じゃなくなってきました。

最近は防災セットや防災グッズを用意していないことに、今までにないあせりを感じるようになったのでしっかり調べてみることにしました。

 

▼商品名

アットレスキュー
防災セット ラピタ(LAPITA)
SHELTER (シェルター)

 

▼特徴

at RESCUE(アットレスキュー)は日本最大級の防災グッズ・防災用品を販売するオンラインショップです。防災用品のトップメーカーであるラピタエマージェンシーの公式直営通販サイトです。

防災セットの2つのブランド、ラピタ(LAPITA)、シェルター(SHELTER)をはじめ、ヘルメット・非常食・保存食・保存水など防災グッズが取り揃えられています。

ラピタ(LAPITA)はハイクオリティのセット内容で、機能性の高いバックパックを採用した本格派の商品ラインナップです。

シェルター(SHELTER)は充実したセット内容と機能性を兼ね備えたコストパフォーマンスに優れた商品のラインナップです。

どちらもノウハウと技術力のある防災専門メーカーラピタと防災士と共同で企画開発した製品で性能面での信頼性は高く、官公庁や上場企業にも採用されています。

セット内のアイテム(食料やマスク軍手ライトなど)すべては検品後、リュックに詰めた状態で届けられます。また、消費期限を記載したチェックシートを付けているので、リュックから管理の必要な食品を取り出すことなく賞味期限の管理を一度にできるようになっています。

 

▼価格

シェルター(SHELTER):4320円~27000円

ラピタ(LAPITA):9180円~30240円

 

▼運営会社について

社名: 株式会社LA・PITA(ラピタ)

所在地:
〒510-0875 三重県四日市市大治田3丁目3-43

代表取締役社長:
澤 直樹


2011年の東日本大震災当時、宮城県仙台市に住んでいたそうです。四日市で経営者または会社役員で構成された草野球チームの発起人の一人をされたりもしています。

 

▼テレビ・雑誌掲載歴

楽天ランキング1位、MonoMax最優秀モノ受賞
内閣府・防災推進協議会、防災安全協会推奨
テレビ・ワールドビジネスサテライト(WBS)

 

▼ネットでの悪い噂・悪評(2ちゃんねるなど)


注文してから届くまでかなり時間がかかりました。まあそれを了承して買ったんですけどね。


購入して2年後に初めて使用。ウォーターバッグに穴が開いてました。点検は定期的に必要ですね。。。


一人用を購入。意外と重かった。自分に不要なものは出そうと思います。

▼ネットでの好評価・良い口コミ


収納力が抜群で別に個人的に必要なものも追加できます。


リュックとグッズがセットになったものを購入しました。リュックの生地はしっかりしていて中身(グッズ)もこれだけあればひとまず安心と思えるものがしっかり入っていました。一から買い揃えようとすると時間も手間もかかるし何を揃えたらいいか分からないのでこの防災セットを買って良かったです。


実践的な役立ちそうなものがしっかり入っています。3か月待った甲斐がありました。リュックも多機能でよかったです。


試しに届いたリュックを背負ってみたら、女性でも苦痛はなかったです。

*
自分で思いついたら買って集めた防犯グッズは当然必要なものが足りていないし何がいいのかも分からない状態だったので、プロに任せてセット購入しました。自分では思いつかなかったけど絶対必要だよね、っていうものがたくさん入っていて惜しまず買って良かったです。


二人用の防災セットシェルターを買って、もう1つリュックを準備して中身を分けました。重さはちょうどいいし、一人ずつ買って用意するよりもトータルは安くなった気がします。


買って2年が過ぎましたが特に劣化等はありません。賞味期限も4年近くあるので安心です。

 

▼口コミまとめ

口コミをまとめてみます。

アットレスキューの防災セットの悪評は届くまでに時間がかかるというのが多かったです。商品のページに大きく書かれているのですが、予約販売で発送が3か月先というものがほとんどでした。

また注文と問い合わせが大変込み合っているため、アットレスキューからの受注や配送連絡、問い合わせの返答も時間がかかっているようです。その点も了承したうえで注文しないと不満となってしまうようでした。

3か月待ちでも良質なリュックと中身は高評価でした。防災用品メーカーが防災士と考えてそろえた中身なので多くの人が満足しているようでした。自分に必要なものを追加できるスペースもあり、良質で必要なものはプロに、あとは自分仕様に追加して備えられる防災セットだと口コミをみて感じました。

 

▼防災セットが届いたら中身を確認。アフターフォローがしっかりしてます。

防災セットが手元に届いて安心して終わるのではなく、中身の確認、点検はしっかりしておいたほうがよさそうです。購入者さんの口コミには多機能ダイナモライトやランタンをここで初めて触ったという人も多かったようで、災害時前に点検しておいてよかったという声もありました。

また、届いた商品に不具合があって問い合わせをした購入者さんにアットレスキューは真摯に対応していました。災害に備えた商品だからこのようにアフターフォローがしっかりしているのは安心できますよね。防災用品メーカーが作った防災セットという強みが表れています。

いろんなところで売られている防災セットですが、それらしいものを詰め合わせただけの雑貨要素の強い商品も横行しているそうです。

しかしラピタエマージェンシーというメーカーはもしもの時にどういう機能があればより便利かを商品に反映させたグッズを取り揃えています。初めて防災セットを作ろうとしている人も、買い替えを検討している人も本気の防災セットを見ておくに越したことはないと思いますよ。公式直営通販サイトを是非チェックしてみてくださいね。

◆詳細はこちらから!
↓  ↓  ↓

 

===防災グッズで不要なもの===

防災グッズを一から自分で用意しようと思ったら、どう優先順位を付けたらいいか分からないですよね。防犯グッズで用意した方がいいと思いがちだけど実は要らないものってなんだろうと思って調べてみました。その中で「なるほど~」と思ったものを紹介しますね。

一つ目は、「かさばるもの」。

紙製の食器ではなく、プラスチックまたはアルミ製の食器プラスラップ。
箱ティッシュではなく、トイレットペーパーの芯を抜いて潰した(平らにした)もの。
ペットボトルの水ではなく、汚れた水を飲めるようにできるアイテム(浄水器のようなアイテム)

どれも軽量&省スペースにすることができるそうです。
あとはロープやテントなどもありました。

芯を抜いて潰すというのは、トイレットペーパーだけでなくガムテープもできるそうですよ。

=========================

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ