エアーかおるというタオルの吸水力体験レポート※良かったところと悪かったところ

カンブリア宮殿で紹介され、最近では坂上&指原のつぶれない店で下町ロケットに出演している安田顕さんもロケに行かれて紹介されていました。

浅野撚糸のエアーかおる

カンブリア宮殿で紹介されてから入荷待ち、通販では販売予約のみのお店が多くなりましたね。

最近、やっと、エアーかおるをゲットすることができました。

私が買ったのは、エアーかおるの種類の中の「フェイスタオル」です。
カンブリア宮殿では「エニータイム」が大きく紹介されていたのでそれを買おうと思ったのですが、サイズがうちには大きすぎたのでやめました。

エニータイムのサイズは、32センチ×120センチ。

買ったフェイスタオルは、32センチ×85センチです。

↓フェイスタオル

エニータイムの120センチは長すぎるかなぁと思ってフェイスタオルにしました。

ちなみに、

エアーかおるの種類は

バスタオル 60センチ×120センチ
エニータイム 32センチ×120センチ
フェイスタオル 32センチ×85センチ
ウォッシュタオル 32センチ×40センチ

でした。

エアーかおると言えば、吸水力が半端ない!っていうことだったので期待して使ってみました。凄い、良かった!点と意外と悪評とかに出てきそうな、、、と思うところがあったので紹介します。

エアーかおるの悪評(←あえて言わせていただきます!)

・買ったエアーかおるは「マロン」というこげ茶のカラーでした。買ってすぐ一度洗わずに使いました。水気を吸ったタオルを絞ったら、茶色の水が出てきました。

・使って1回洗ったけど、毛羽落ちが出ます。顔を洗ってエアーかおるで拭いて、コットンで化粧水をつけたら、そのコットンに毛羽が沢山ついてました。顔に毛羽が張り付いていたみたいです。

エアーかおるの良いところ

・噂通りの吸水力でした。やっぱり最初は洗った方がいいです。吸水力が違うと思いました。

・洗う回数を重ねると、タオルがふっくらしてきました。

・エアーかおるでしっかり髪の毛をタオルドライすると、ドライヤーの時間が半分以下になりました。髪も傷めないし、電気代も節約できていいです。

 

1000円を超えるフェイスタオルなんて、店頭に並んでいたら高すぎて見向きもしなかったと思います(;’∀’)
でもテレビで紹介されていたから買ってみるか…と思って買ってみたら、すごかったです。本当に普通のタオルと吸水力が違いました。うちのタオルをすべてエアーかおるエアーかおるで揃えるのは厳しいけれど、数枚あったら絶対嬉しいものだと思いました。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ