キャベツの千切りを苦くしない方法

 

キャベツのサラダを白ご飯の代わりに食べて糖質オフダイエットにしたいんだけど、

 

キャベツの千切りが苦くてテンションが下がります。

 

そこで、キャベツの千切りが苦くならない方法がネットに紹介されていたものを並べてみたいと思います。

 

苦くなる原因は、

窒素系の肥料が多いと苦みがでるらしいです。

 

キャベツが苦い原因となる成分は、

 

シュウ酸、イソチオシアネート

 

なんだそうです。

 

カットしてから時間が経つと、苦みが増してしまうそうです。

 

 

カットするときに苦みを出さないようにできること。

 

カットしたキャベツを水でさらす。(5分以内)

流水で洗い流す。

切れ味のいい包丁で切る。

切れ味が悪いとキャベツを潰して切ることになり、イソチオシアネートがでやすいらしい。

切ったキャベツを水にさらすときに、レモン汁を少々加える。

一度加熱する。

 

=======

 

レモン汁でさらすのは、したことがあります。

なかなか、いいです。

でも苦いと感じることもあるのは、キャベツの生産段階の肥料の問題ですかね。

特売とか、安いキャベツは苦みがあるような気がするのは。。。気のせいですかね。

一度、有機野菜とか、肥料に気を使っています、というキャベツを買って試してみようかな。

コロナ太り?で体重が増えたので、お米を控えて、お米の代わりにキャベツを食べたいのでいろいろ試してみたいと思います。

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ