クーラーをつけるタイミング、温度と湿度はこれで解決。

夏になり部屋のクーラーをつけるタイミングを計りかねています。

電気代も気になるし、家と外の気温の差が大きいと体温調節機能が狂うとか聞くし、クーラー病(冷房病)もなりたくないし。

ネットでいろいろ見て、結論を出しました。

部屋の温度が30度、室温が70%を超えたらクーラーをつける。

どちらかが超えたらつけてOK、ということにしました。

暑い、不快だと感じる気温と湿度は30度以上と70%が以上一般的というか平均値というか目安みたいなものらしいので我が家もそうしました。

家族がいるのでルール化した方がみんな納得するんですよね。

そしてクーラーの設定温度は、よく言われる28度。
エアコンは自動運転モードにした方が効率よく設定温度に整えてくれるので電気代的にも良いそうです。

室温が29度でも、湿度が70%近いときと、50%台の時とじゃ、体感が全然違いますね。個人的には温度よりも湿度の方を気にしています。

今年の夏もバテないように乗り切りたいです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ