シミと肝斑(かんぱん)の違いって?

最近、シミが増えたような気がします。

でもこれって肝斑(かんぱん)とかいうヤツなんじゃないの?と、思いついたのですが、その肝斑のことをよく知りません。シミとどう違うんでしょうね。調べてみました。

驚いた最初の結論として、肝斑はシミの一つの種類なんだそうです。

肝斑は30~40歳代に出てくることが多いシミのことで、女性ホルモンのバランスの乱れや紫外線などが原因と言われているそうです。

頬骨に沿って、又は目尻の下あたりに左右対称にあるシミは肝斑の可能性が高いんだとか。

一般的なシミというイメージの、茶色の輪郭のはっきりした平たんな色素班は、「老人性色素班」だそうです。

顔にできるシミの種類の中の2つだったみたいです。

肝斑の治療法としては内服薬ではトラネキサム酸(トランサミン)、外用薬では媚薬作用のあるハイドロキノンなどが挙げられます。

一般的なシミ(老人性色素班)はレーザー治療による破壊・除去が有効で、これもハイドロキノンやトレチノイン外用の治療があるそうです。

肝斑はメラノサイトが過剰産生されることにより発生するもの。
老人性色素班は皮膚の表面を覆う細胞の良性腫瘍。

それぞれ治療法がことなるので、種類の合わせて適切な治療法が必要なんだそうですよ。

かえって悪化させてしまうこともあるそうです、なんてネットの記事をみると怖くなりますね。自分で判断していいんだろうかと思ってしまいます。

予防としては紫外線や乾燥、ストレスに十分注意すること。女性ホルモンの乱れを起こさせないことなどがあるみたいなので、できることはやってみようと思いました。

美白効果のあるトラネキサム酸はよくきく成分なので、これは手を出せそうかなぁと思いました。

まずは専門医に自分の顔のシミは何なのか、診てもらって把握しておくことが大事かもしれないですねー。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ