トイレの壁 黄色のシミをクエン酸で拭いてみた

トイレの壁の黄色いしみが気になって、どうしたらいいか調べてみました。

 

クエン酸スプレーが臭いも取れて良さそうだったので実際にやってみました。

 

まずは、クエン酸スプレーを作るところから。

 

よくネットであったのは、

 

「水200mlに対してクエン酸小さじ1」

 

というものです。

 

これを前に実際作ってみたのですが、1回の掃除で使うには量が多かったです。

作ったクエン酸スプレーはその日のうちに使い切りましょうと書いてあるサイトもあったので、それは無理だーと思いました。

 

なので、今回は

 

「水100mlに対してクエン酸小さじ1/2」

 

と、半分の量で作りました。

 

それを100均で買ったスプレー容器に入れて、完成。

 

ついでにクエン酸も100均で買いました。便利ですねぇ。

 

古くなって使わなくなったタオルや洋服を使いやすい大きさにカットして作ったウエスで拭いてみました。

 

最初に汚れがあまりない壁から始めたのですが、最初に感じたのは、トイレのこもった臭いがなくなってきた気がする!というものでした。

 

なんか、もうこれだけでやってみた価値がありました。

で、黄色くなった壁にクエン酸スプレーを吹きかけてウエスで拭いてみました。

そうしたら、シミが薄くなりました!

びっくり。

サイトによっては、クエン酸スプレーのあとに水ぶきで仕上げをした方がいいともあったのでそれもしておきました。

 

こんな、100均で買えるもので、あっさり落ちるなんて、もっと早くやっておけばよかったと思いました。

 

完璧には落ちなかったには、放置していた月日が長かったからでしょう・・・

 

これでだめだったら、ハイターなどの漂白剤を含ませた雑巾で拭く、水拭き、乾拭き、がいいそうです。

 

とりあえず、クエン酸スプレーでも予想以上に落ちたのでしばらくこれでいこうと思います。

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ