雨の日に頭が痛くなるのは理由がありました。

雨の日になると頭が痛くなります。周りの人に聞いてみたところ、低気圧が原因らしいです。

 

調べてみたら低気圧に関係する気象病ともいうらしいです。

 

体調不良は低気圧と自律神経の乱れが重なると起こりやすいんだそうです。

 

自律神経の交感神経は起床後から日中、体を活動モードにする。

自律神経の副交感神経は夕方から夜に、体をリラックスモードにして眠くなる。

 

曇りや雨の日は副交感神経が優位になって血管が拡張して眠気やだるさ、片頭痛の原因になるそうですよ。

 

 

漢方医学的な解釈が紹介されていたのでまとめてみました。

 

よくある症状

頭痛・体のだるさ・めまいや吐き気・関節の痛み・ひどい眠気・胃のむかつき・耳の詰まり・全身のむくみ・呼吸のしづらさ・手足のこわばり・口の中の粘り・食欲低下・気分の落ち込み

など。

 

対処法

水分代謝を意識する。体の水分を外に出すことが大事。

 

水分を少しずつ、こまめに摂ること。体に溜まっている古い水分を排出。

汗をかくこと。運動でしっかり汗をかくのが難しいなら、じんわり汗をかける半身浴でもOK

足裏をマッサージする。水が溜まりやすい足の“水はけ”をよくするため足裏を揉んでおくのも効果的。

利尿作用が期待できるキュウリやスイカなどのウリ科の野菜を食べる。体を冷やす働きもあるので酢の物にしたり温かいスープにするのがよい。

体内の水分循環を促す豆類や食物繊維が豊富なキノコ類を食べる。

 

漢方薬を飲むなら

六君子湯(りっくんしとう)

体の元気を補って水分代謝を改善する。冷え性の人や慢性的に胃腸が弱っている人にもおすすめ。

 

五苓散(ごれいさん)

お腹を温めて調子を整える。体に偏在している余分な水分を排出させる利尿作用もあります。

 

半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)

水分の循環を良くして無駄な水分を乗り除く。頭痛や頭重感、吐き気や嘔吐、手足の冷えなどの症状に。普段から胃腸が弱く、冷え性で体力のあまりない人におすすめ。

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ