魚の煮干しでだしを取る。

いりこの煮干しをいただきました。

だしを取るしか思い浮かばないんですけど、煮干しだしを作ったことがないので調べてみました。

いろいろレシピはあるみたいですけど、よくあったのが、

水500mlに煮干し10g、でした。

煮干し10gって難しいですよね。量るのめんどくさい…けど最初はちゃんと量ってどのくらいの量か知ることは大事ですよね。

煮干し5尾、とか分かりやすかったらいいんですけど、煮干しの大きさなんていろいろだし。。。

家にあるはかりは100g単位だから見ずらい。量りにくい。

・・・愚痴ばかりです。

100均に最大が100gの少量を量れるものが売ってあるのを見たことがあります。あれを使ったらストレスなく量れるのかな?

賞味期限が過ぎる前に、ちゃんと煮干したちを出汁に使おうと思います。

鰹節と昆布の出汁は作ったことはあるんですよね。

やっぱり市販の粉のダシと味が違います。美味しいです。

でも残念ながら市販の粉のダシに慣れてしまっていて、味が薄いとか弱いとか思ってしまいました。

でもちゃんとした日本料理屋さんで出されるお出汁は美味しいと思うので、私の作り方が悪いんだろうとも思っています(-_-;)

ちゃんと量って何度も作って自分のモノにしたいですね。

そして子供に味を覚えさせたいです。親としてはやっぱり・・・。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ